• 実施事例Case Study
  • 2016.07.25UP
ウェブ上で健康情報を一元管理し、個々人にジェネリック医薬品への"気づき"を提供
ジェネリック使用促進

サンスター健康保険組合

服用する薬情報をウェブ上で見られる「健康情報貯金箱・お薬情報玉手箱」(ニッセイ情報テクノロジー)を活用し、従業員の健康状態の認識と改善推進、ジェネリック医薬品へのシフトを支援している。

従業員とその家族の健診結果・医療費のお知らせ・お薬手帳などの健康情報をウェブアカウント上で一元管理。これまで紙でバラバラに保存していた情報をひと目で確認できるだけでなく、経年変化もチェックできる。

また、薬をジェネリック医薬品に変更した場合の差額や効果を提示し、使用を促進。あわせて、薬の飲み方に関する知識や健診結果の解説ページ、飲み忘れ防止のアラームなどさまざまな情報を提供し、従業員の健康維持と向上に役立ている。

Back Top