DATA MAPPING

Loading...
宣言1

予防・健康づくりについて、一般住民を対象としたインセンティブを推進する自治体を800市町村以上とする。

東京都

実施企業
0
    • 全国の実施市町村

      目標800市町村以上

      実施数
      0/0(単位:市町村)
      目標達成率
      0%
    • 全国の実施市町村

      目標800市町村以上

      実施数
      0/0(単位:市町村)
      目標達成率
      0%
      前年比:0%
    • 全国の実施市町村

      目標800市町村以上

      実施数
      0/0(単位:市町村)
      目標達成率
      0%

      全国の実施広域連合

      目標24団体以上

      実施数
      0/0(単位:団体)
      目標達成率
      0%
    • 全国の実施市町村

      目標800市町村以上

      実施数
      0/0(単位:市町村)
      目標達成率
      0%
      前年比:0%

      全国の実施広域連合

      目標24団体以上

      実施数
      0/0(単位:団体)
      目標達成率
      0%
      前年比:0%
    • 全国の実施都道府県

      目標47都道府県での実施

      実施数
      0/47
      目標達成率
      0%

      達成要件別

      • 要件1
        0/47
      • 要件2
        0/47
      • 要件3
        0/47
      • 要件4
        0/47
      • 要件5
        0/47
    • 全国の実施都道府県

      目標47都道府県での実施

      実施数
      0/47
      目標達成率
      0%

      達成要件別

      • 要件1
        0/47
      • 要件2
        0/47
      • 要件3
        0/47
      • 要件4
        0/47
      • 要件5
        0/47
      • 要件6
        0/47
      • 要件7
        0/47
    • 全国の実施企業

      目標500社以上

      実施数(参考値)
      0
      目標達成率
      0%
    • 全国の実施企業

      目標500社以上

      実施数
      0
      目標達成率
      0%
      前年比:0%
    • 全国の実施企業

      目標10,000社以上

      実施数
      0
      目標達成率
      0%
    • 全国の実施企業

      目標10,000社以上

      実施数
      0
      目標達成率
      0%
      前年比:0%
    • 実施状況

      • 全国の
        市町村国保
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
      • 全国の
        広域連合
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
      • 全国の
        健保組合
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
      • 全国の
        共済組合
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
      • 全国の
        国保組合
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
      • 全国の
        協会けんぽ
        支部
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
      • 全国の合計
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
    • 実施状況

      • 全国の
        市町村国保
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
        前年比:0%
      • 全国の
        広域連合
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
        前年比:0%
      • 全国の
        健保組合
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
        前年比:0%
      • 全国の
        共済組合
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
        前年比:0%
      • 全国の
        国保組合
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
        前年比:0%
      • 全国の
        協会けんぽ
        支部
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
        前年比:0%
      • 全国の合計
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
        前年比:0%
    • 全国の実施企業

      目標100社以上

      実施数
      0
      目標達成率
      0%
    • 全国の実施企業

      目標100社以上

      実施数
      0
      目標達成率
      0%
      前年比:0%
    • 実施状況

      • 全国の
        市町村国保
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
      • 全国の
        広域連合
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
      • 全国の
        健保組合
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
      • 全国の
        共済組合
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
      • 全国の
        国保組合
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
      • 全国の
        協会けんぽ
        支部
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
      • 全国の合計
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
    • 実施状況

      • 全国の
        市町村国保
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
        前年比:0%
      • 全国の
        広域連合
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
        前年比:0%
      • 全国の
        健保組合
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
        前年比:0%
      • 全国の
        共済組合
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
        前年比:0%
      • 全国の
        国保組合
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
        前年比:0%
      • 全国の
        協会けんぽ
        支部
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
        前年比:0%
      • 全国の合計
        実施数
        0/0
        目標達成率
        0%
        前年比:0%

達成要件

    1. インセンティブの仕組みにより加入者等の予防・健康づくりを 推進する事業を実施していること。
    2. インセンティブが加入者の行動変容につながったかどうか効果検証を行っていること。
    1. 加入者等の予防・健康づくりの取組や成果に対しポイント等を付与し、そのポイント数に応じて何らかの報奨を設けるなど、インセンティブの仕組みにより加入者等の予防・健康づくりを推進する事業を実施していること。
    2. 事業実施の際、インセンティブが加入者の行動変容につながったかどうか効果検証を行っていること。
    ※①・②は必須要件
    1. 糖尿病性腎症等の重症化予防の取組を行っていること。
    2. 対象者を明確な抽出基準で抽出していること。
    3. かかりつけ医と連携していること。
    4. 事業全体の効果検証を行っていること。
    5. 各都道府県の糖尿病対策推進会議と連携していること。
    6. 保健指導を実施している場合、専門職が携わっていること。
    ※後期高齢者は、その特性から糖尿病性腎症以外の取組についても対象とする。
    生活習慣病重症化予防の取組のうち、
    1. 対象者の抽出基準が明確であること
    2. かかりつけ医と連携した取組であること
    3. 保健指導を実施する場合には、専門職が取組に携わること
    4. 事業の評価を実施すること
    5. 取組の実施にあたり、地域の実情に応じて各都道府県の糖尿病対策推進会議等との連携(各都道府県による対応策の議論や取組内容の共有)を図ること
    ※取組方法については、受診勧奨、保健指導、受診勧奨と保健指導を一体化した取組等の中から地域の実情に応じ適切なものを選択する。
    ※国保は糖尿病性腎症重症化予防にかかる取組を対象としているが、後期高齢者は、その特性からそれ以外の取組についても対象とする。
    ※①②③④は必須要件、⑤は糖尿病性腎症重症化予防にかかる取組について必須要件
    1. 集合契約、検診と健診の同時実施に向けた調整等の連携を図っていること。
    2. 保険者等の間で問題意識の共有化を図るための取組を実施していること。
    3. データヘルスの効果的な事例を都道府県内の保険者で広める取組を行っていること。
    4. 保険者間で特定健診情報データ移動を行う場合の一定のルールづくりを行っていること。
    5. 保険者種別の枠を超え、共同で行う予防・健康づくりの取組があること。
    特定健診・保健指導の実施率向上
    1. 実施率の高い保険者の取り組み例の共有や、保険者共同での広報活動(ポスター作成、住民や医療関係者への働きかけ等)を行っている。
    2. 集合契約の連絡調整に加えて、被用者保険の被扶養者向け健診と自治体のがん健診等の同時実施や、保険者での独自のがん健診等の実施など、健診の魅力を高めるための保険者と医療関係者との連絡調整を広く行っている。
    3. 被用者保険の特定健診と国保・市町村の住民健診の共同実施など、都道府県内の保険者共同での健診実施や、保険者間での健診実施の委託契約の締結に向けて、保険者協議会が連絡調整や支援をしている。
    保険者横断的な医療費の調査分析
    1. 国保データベース(KDB)システム等を活用した調査分析の研修会や被用者保険者等への分析結果の提供、管内の保険者によるデータヘルスの取組事例の共有など、保険者によるデータヘルスの効果的な取り組みを広げている。
    2. データの提供が可能な保険者から医療費データを取得するなど、保険者横断的な医療費や医療サービスの利用状況等に関する分析を行い、各保険者への分析結果の提供などを行っている。
    特定健診データの保険者間の移動の推進
    1. 加入者が移動した場合、法令上、旧保険者は現保険者の求めに応じて特定健診データを提供しなければならないとされていることの重要性を認識し、国が整備した様式やルールの周知など、管内の保険者に対する働きかけを行っている。
    保険者横断的な予防・健康づくり等の取組
    1. 健康教室やウォーキング大会の共同開催や協賛、後発医薬品の使用促進、受動喫煙防止の働きかけ、医療資源を大切にする患者教育など、保険者横断的な予防・健康づくりや医療費適正化等の活動をしている。
    1. 経営理念: 従業員の健康保持・増進の考え方が、企業理念・経営方針などに明文化され、情報開示がなされていること。
    2. 組織体制: 従業員の健康保持・増進に関する全社的なマネジメントの責任者を役員以上としていること。
    3. 制度・施策実行: 産業医又は保健師が、健康保持・増進の立案検討に関与していること。 健康経営にかかる必要な対策を講じていること。
    4. 評価・改善: 健康保持・増進を目的とした導入施策への効果検証を実施していること。
    5. 法令順守・リスクマネジメント: 従業員の健康管理に関連する法令について重大な違反をしていないこと。
    ※今年度の達成状況については、設定した達成要件をもとに平成27年度健康経営度調査の結果にあてはめ、参考値として算出。
    1. 従業員の健康保持・増進について、経営指針等へ明文化していること。
    2. 従業員の健康保持・増進の考え方について、情報開示がなされていること。
    3. 従業員の健康保持・増進の推進を統括する組織の責任者が役員以上であること。
    4. 従業員の健康保持・増進施策の立案検討に、産業医等が関与していること。
    5. 健康経営に係る必要な対策を講じていること。
    6. 従業員の健康保持・増進を目的として導入した施策について、効果検証を行っていること。
    7. 従業員の健康管理に関連する法令を遵守し違反がないこと。
    ※①②は必須要件、なお、申請は事業主・保険者代表者が共同名義での申請
    1. 所属する保険者が健康宣言等の取組を有し、その取組において以下の(1)~(3)から少なくとも一つの項目と(4)の項目が含まれていること。
      1. (1) 従業員の健康課題の把握と必要な対策
      2. (2) 健康経営の実践に向けた基礎的な土台作りとワークエンゲイジメントの取組
      3. (3) 従業員の心と身体の健康づくりに向けた具体的対策
      4. (4) 健康宣言の社内外への発信
    2. その取組に企業等が参加し、健康宣言を行っていること。
    1. 保険者が健康宣言等の取組を有していること。 ※健保組合については、都道府県連合会が実施または関与している健康宣言事業に参加していることが必須
    2. 健康宣言の取り組みとして以下の要件を満たしていること((1)~(3)のうちからいずれかひとつの項目と(4)は必須。(5)~(7)は努力目標)。
      1. (1) 従業員の健康課題の把握と必要な対策(具体策)の検討を行うこと。
      2. (2) ヘルスリテラシーの向上、ワークライフバランスの向上、職場の活性化等のために、健康経営の実践に向けた基礎的な土台作りとワークエンゲイジメント(具体策)の取組を行うこと。
      3. (3) 健康増進・生活習慣病予防、感染症予防、過重労働、メンタルヘルス等への対策のために、従業員の心と身体の健康づくりに向けた具体的対策を実施すること。
      4. (4) 健康宣言の社内外への発信を実施すること。
      5. (5) 健康づくり担当者を一名以上設置すること。
      6. (6) 保険者の求めに応じて、40歳以上の従業員の健診データを提供すること。
      7. (7) 従業員の健康管理に関連する法令について重大な違反をしていないこと(自己申告)。
    1. ICT等を活用して健診結果を提供していること。
    2. 健診結果の意味について分かりやすく説明していること。
    3. 受診が必要な場合受診勧奨を実施していること。
    1. 特定健診等の受診者に、ICT等を活用して健診結果を提供していること。
    2. 疾病リスクとの関係で検査の数値の持つ意味について分かりやすく説明していること。
    3. 疾病リスクにより医療機関を受診することが必要な場合には、確実に受診勧奨を実施していること。
    4. 可能であれば検査値を改善するための生活習慣についてのアドバイスも提供していること。
    ※①~③は必須要件、④は努力目標
    1. 複数保険者から推薦を受けていること。
    2. 重大な法令違反がないこと。
    1. 予防・健康づくりの企画・実施において複数保険者から推薦を受けていること。
    2. 実施事業に必要な法令遵守を行っていること。
    ※①②は必須要件
    1. 自保険者の後発医薬品シェアを把握していること。
    2. 使用割合・状況の類型化を行っていること。
    3. 後発医薬品利用促進のために施策を実施していること。
    4. 後発医薬品の利用促進のための事業を実施し、効果検証を行っていること。
    5. 後発医薬品への切り替え率指標を把握していること。
    1. 自保険者の後発医薬品の数量シェア及び金額シェアを把握していること。
    2. レセプトデータを活用し、例えば性年齢階級別や疾患別など加入者の類型化を行い、その属性ごとの後発医薬品の使用状況及び使用促進に係るボトルネックを把握し、事業の優先順位づけをしながら、事業目標を立て、事業を実施し、効果検証を行っていること。その際、差額通知の取組を実施し、通知前後で後発医薬品への切り替えが行われているかの確認により通知の効果を把握し、その結果を踏まえ、通知の対象者や発出頻度について検証を行うこと。
    3. 差額通知の発出に当たっては、後発医薬品に切り替えた場合の自己負担軽減額に加えて、加入者の後発医薬品の使用促進に向けた付加的な情報を付けていること。
    4. 必ずしも差額通知に示されている額が実際に窓口で軽減されるとは限らないことを様式に記載する等、加入者の誤解を招かないよう配慮すること。
    5. 上記と併せて、後発医薬品の使用促進の取組の実施に当たって、保険者協議会等の活用も含め、医療関係者(医師会や薬剤師会等)との連携を行っていること。
    ※①②は必須要件、③~⑤は努力目標

・・・

・・・

PDF
都道府県 実施数 達成保険者名
都道府県 実施数 達成保険者名
都道府県 保険者名 事業名
都道府県 実施数 達成保険者名
都道府県 会社名
都道府県 達成保険者名
北海道・東北
関東
中部
近畿
中国
四国
九州・沖縄
北海道・東北
    関東
      中部
        近畿
          中国
            四国
              九州・沖縄

                東京都の実施市町村